フリーエンジニアになるには【自由に働くというスタイル】

色々な現場を経験できる

経験者は採用されやすい

ガードマン

警備員は色々な施設で働くことになります。
たとえば、ショッピングセンターや病院、オフィスなどに勤務し、施設内を定期的に巡回することもあれば、工事現場にて車両や通行人の誘導を行うこともあります。
色々な現場を体験できることから、警備員の仕事は同じ場所での仕事に飽きやすい方におすすめです。
また、施設の警備と工事現場の警備では体力的な負担は異なっています。
施設の場合は巡回しますが、そこまで動き回るようなことはありません。
一方で工事現場の場合は出入りする車両や通行人の多さから動き回っている時間は多くなります。
ただし、現場によって状況は大きく変わるため、仕事量については求人から読み取ることは難しいです。
また、天候や気温も体力の負担に影響します。
春や秋は過ごしやすい気温ですが、夏や冬は暑さや寒さに耐えなければなりません。
また、雨や雪が振って来る可能性も考えられます。
しかし、動くことを好む場合は交通誘導の方がやりがいは大きいです。
警備員の仕事は経験者の方が採用されやすくなっています。
これは仕事の内容を理解しているというだけではなく、経験者は資格を所有している可能性があるからです。
警備員として働く上で資格はとても重要なので、勤務が決まったのであれば取得するために勉強すべきです。
資格と経験の両方を持ち合わせた人材になれば、無資格や経験が浅い場合よりも条件の良い警備員の求人へ応募可能になるため、安定した生活を実現できます。

充実した研修制度

警備員

警備員の仕事は、未経験の方でも意外と就きやすい仕事です。
ただ、テレビCMに出てくるような大手警備会社は新卒採用が多く、中途採用の場合は経験者や有資格者という規定を設けているケースが多いので、警備員が未経験の方は、中小の警備会社に応募することがほとんどです。
警備業界は絶えず人手不足の状況ですので、未経験の中高年の方でも採用される確率は高くなります。
警備業というのは1号から4号まで業種が分かれています。
1号警備は施設警備と言い、建物の警備をする仕事です。
大きなビルやショッピングセンターなどで立っているのを見かけると思いますが、あれが1号警備です。
2号警備は雑踏警備ともいわれ、主に工事現場での通行車両の誘導や、建設現場のゲート前での立哨業務などをやっている人たちです。
3号警備は現金輸送車や貴重品を運ぶ業務、4号警備は要人警護など、指定された人物を警護する業務です。
3号、4号は経験や資格が必要になりますので、未経験の方が就けるのは、1号と2号警備です。
警備員は割と簡単になれると書きましたが、破産宣告を受けて復権していない人や成年被後見人、前科がある人などは警備員になることができません。
警備会社に採用された場合、これらのことを証明する書類の提出を求める会社もありますし、警備会社の方で調べることもあります。
また、採用される前まで働いていたところに当時の様子を尋ねることもありますし、家族に電話をし、住所などが間違いないかを調べる会社もあります。
しかし、それほど厳格に身辺調査をするわけではないので、普通に生活していればたいていの方は中途採用でも警備員として働くことはできるでしょう。

募集内容をよく見てみよう

男の人

出版業界に携わりたいという人は多いものです。
しかし、漠然と仕事内容を思い浮かべているだけで、実際にはどんな仕事をするのか把握できていない人もたくさんいます。
まずは求人内容をしっかり見て比較してみましょう。
例えば、出版社によっても仕事内容に違いが出てきます。
マンガ専門のところもあれば、文学書専門のところもあるからです。
そうすると、取材内容なども違ってきます。
それから、出版社の求人といっても、必ずしも編集の仕事ができるとは限りません。
中には企画担当や取材担当、デザイン担当というように、いろいろなジャンルがあるからです。
どこの部署の募集なのか、この点もしっかり把握してから応募しましょう。
経験者ではない限り、最初から取材をしたり、原稿を書いたりすることはできません。
まずは、下働きから始めます。
編集部なら編集アシスタントとして採用されることがほとんどです。
そこで、編集者の仕事を見て勉強していくことになります。
もちろん、慣れてくれば編集作業を任されることもあるはずです。
その時に、自身がやりたい内容の本かどうか、確認することが大切です。
本のジャンルが違うと、原稿を書く内容も違ってきます。
関心があって得意なジャンルの出版社を探しましょう。
大手の場合は、いろいろな雑誌や書籍を販売しています。
そのため、どのジャンルに配属されるかは分かりません。
いろいろなジャンルの出版に携わりたいのなら、多岐に渡った雑誌や書籍を作っている出版社に勤めましょう。